REALFORCEキーボードの特徴

項目 REALFORCE 市販されている一般的なキーボード
スイッチ方式

信頼性と耐久性に優れています。

静電容量方式(無接点)

メンブレン方式(有接点)

キーを押す重さ

指への負担が少なく疲れにくい設定です。

主要部が45gで小指入力するキーの一部は30gになっています。(Sは全キー30gです。)
全キー約50~60gと重めになっています。
キーを押す感触

なめらかな感触です。

押し込む必要がなく荷重は全ストロークにわたって自然に変化します。
ペコペコした感じでさらに押し込む必要があるため歯切れの悪い不快な感触です。
キーの形

高速入力に適した形です。

横から見た形が指の動きに合わせて列毎に異なるステップスカルプチャータイプです。
横から見た形が全て同じになっているステップタイプです。
入力特性

途中で止めても二重入力がありません。

スイッチが入る位置と切れる位置に差(ヒステリシス)を設けているためチャタリングが発生しません。
接点が接触してスイッチが入る方式の為、キーを途中で止めるとスイッチが入ったり切れたりして二重入力になる可能性があります。
同時押しへの
対応

同時押ししても全て入力されます。

Nキーロールオーバー対応なので高速入力時に同時押しの様な入力をしてもちゃんと入力されます。プロのオペレーターにも安心して御使用いただけます。
キーを同時押しした場合には3キー以上は入力されずに無視されます。
入力部の構造

荷重特性優先のシンプルな構造です。

荷重的影響がない円錐スプリングを押し下げるだけの構造です。この為ドームは荷重特性優先で設計されています。
img_key_point_01
外側と内側のダブルドーム構造になっています。内側の逆ドームにある凸部でシートの電極を押しつけます。これが不快な荷重特性の原因です。
img_key_point_02
荷重特性

指に優しいソフトタクタイルフィーリング。

荷重の変化がなだらかで十分なストロークを感じることができます。もちろん入力に底打ちは不要です。
img_key_point_03
短時間で荷重が変化するのでペコペコした感触です。入力後は急激に荷重が増加するためストロークがとても短く感じられます。
img_key_point_04