メモリーモジュール

アーキサイト メモリモジュールへのこだわり
■Samsung、Hynixを中心に高品質メモリーモジュールを厳選仕入
昨今の流通メモリーには、いわゆるOEMチップ※1と呼ばれるICのダウングレード品(品質の劣る製品)で組立てたメモリが多数流通しております。アーキサイトでは、SamsungHynixを中心に、半導体メーカー純正品がディスコンの場合はMajorチップ※3で組立てたメモリのみを、在庫して販売しております。安心してお取扱い頂ける高品質メモリーをお届けいたします。

■潤沢な在庫で迅速な出荷対応を実現
メモリ製品は、常に仕入を絶やさず、「明日までに数十枚~数百枚が必要」というような場合にも対応できるよう、在庫販売をしております。 在庫のお問い合わせや、ご確認の無い受注にも「在庫がございません」という事態を極力避けるよう努力しております。

■1年保証・安心してご使用いただける高品質メモリー
メモリーモジュールの保証は、永久保証・無期限保証が一般的です。その中でアーキサイトはなぜ1年保証を謳うのでしょうか。
メモリーモジュールの不具合の99%以上が初期不良といわれております。
特に弊社が取り扱う半導体メーカー純正メモリやMajorチップ搭載のサードパーティーメモリは、メモリ単体に起因する不良の発生がほぼございません。同様に、経年変化もほぼございません。
一方、”永久” ”悠久”と口にする事は簡単ですが、物理的考えて、非現実的な保証内容であるとも捉えられます。弊社では、「永久保証」を謳うことはかえって不誠実ともとらえられるのではないかと考えます。
あえて永久保証を謳わず販売することは、仕入れの段階から高品質メモリーに厳選することで、”不良品を出さない”という、決意と自信とこだわりから来ています。万が一不具合が発生した場合でもアーキサイトはスピーディーに対応致します。



※1 OEMチップ
SamsungHynix等の半導体メーカーが、品質検査の工程で検査基準に不合格であった、テスト項目を省いて出荷されたICチップのことを指します。つまり純正メモリーに搭載されているチップより、品質が劣ることが多いとみなされています。出荷時に、SamsungやHynix等のメーカーロゴのシルク捺印はなく、購入したモジュールメーカー等が自らのメーカーロゴを捺印するため、OEMチップと呼ばれます。また、UTT(Untested =検査を省いた)チップやETT(Efficiently Tested=簡易検査のみ行った)チップと呼ばれる場合もあります。

※2 メーカー純正メモリ
SamsungHynix等の半導体メーカーが、自社ロゴの入ったICを自社で組み立てたメモリ、もしくは、外部で組み立てたメモリで、自社の保証とサポートをしているものを指します。

※3 Majorチップ
一般的には、半導体メーカーが自社の生産設備で製造し、検査工程で合格したチップにそのメーカーのロゴをいれたものを指します。(最近では、製造工程の一部をアウトソーシングするケースも多くみられます)弊社の推奨する、所謂Majorチップと呼ばれる半導体製造メーカーは、SamsungHynix、Micronの3社になります。